カードローンブラックについて

カードローンを利用する際に、ブラックについても知識をつける事が大切です

カードローンブラックについて

ブラックになるとカードローンはどうなる?

金融事故として処理されたデータは、個人信用情報機関というところに記録され、約5~7年、最大で約10年そのデータが残ると言われています。
その記録というのが、ブラックリストと言われているものです。
このブラックリストに掲載され、ブラックと判断された場合には、新たにカードローンを利用するのが難しくなります。
ですからブラックにならないように、返済はしっかりと行わなければならないのです。
また任意整理や個人再生手続きなどを行った場合も、ブラックと判断されることがあるため、どんなことでブラックになるのかというのは、その人によって違ってきます。
ブラックになると、新規融資は難しくなるのですが、可能性はゼロではありません。
ブラックOKのカードローンも少なからず存在しますので、ブラックの方でもあきらめてはいけないのです。
ただそれに甘えて、無計画に利用するのもよくありません。
そういった繰り返しでは、いつまで経ってもブラックなんてことにもなりかねないからです。
また、ブラックOKのカードローンなんて、本当に大丈夫なの?と思われる方もいるでしょう。
悪徳業者が存在しないとは言い切れませんので、自分でしっかりと悪徳かそうでないかと見極めてブラックOKのカードローンを利用することが大切です。
そしてそのためには、もちろん情報を知ることも重要になってきます。
信頼できる業者だと判断できるような情報を、インターネットを使って集めていきましょう。
そうすれば信頼できるブラックにも優しい業者を見つけ出すことができるでしょう。
ただもちろん、ブラックリストに載らないのがいちばんの理想です。
ですから金融事故にはくれぐれも気をつけましょう。

カードローンブラックが思わぬ理由でなる場合

カードローンを利用したことがない方でも「ブラックリスト」という言葉を知っているほど、この言葉の知名度は非常に高いと言えます。
しかし実際にそういったリストがある訳ではありません。
金融事故があれば、それは金融事故として記録されますが、そのリストの名称がブラックリストということでもないのです。
ただ金融事故をブラック情報を言うこともあるため、その関係上、ブラックリストという言葉が生まれたと考えられています。
それに今となっては、ブラックリストで通したほうが都合がいいという場合もありますので、こういった説明ではブラックリストという言葉が使われることが多くなっています。
このブラックリストに載った人のことをブラックと言い、そのブラックになれば審査を通過するのが厳しい状況になります。
ブラックとなる理由もいくつかあるのですが、そのひとつが返済遅延です。
返済遅延を3回以上起こしたりしますと、返済能力が低い利用者だということで、ブラックリストに掲載されてしまうのです。
また、保証人に返済を肩代わりしてもらったとしても、それによりブラックとなる場合もあります。
この他にもいくつかブラックになるケースはありますので、ブラックにならないように気をつけながらカードローンを利用することが大切です。
返済日を守りきちんとお金を返していれば、ブラックになることもまずないので、ほとんどの方は心配いらないでしょう。
ブラックになると、ブラックでも可なカードローンなどを利用していかなければならないため、生活に不便が生じることもあります。
またブラックは簡単にはカードローンを利用できないことが多いため、苦労も伴うのです。
ですから計画的な利用を心がけてください。

カードローン

カードローン申し込みブラックとは?

ブラックにもいくつか種類があり、そのひとつが「申し込みブラック」と言われているものです。
皆さんの中には、「どうせ一社目じゃ審査は通らないから」と一度に何社もカードローンの申し込みをされる方もいるでしょう。
そして結局断られてしまった場合、それが申し込みブラックとして判断されることがあります。
「申し込んだだけだよ?」と思われるでしょうが、そういった申し込みの仕方をされる方は借入金の回収不能リスクが高いと判断されるため、申し込みブラックとなる場合があるのです。
どれくらいの期間にどれくらい申し込むと、その申し込みブラックになるのかという明確な基準がある訳ではいのえすが、ひと月に4社以上から融資不可能と判断された場合、申し込みブラックになることが多いと言われています。
つまり、ひと月に3社までならOKという風にも考えられますが、申し込みブラックになるのが怖いという方は、少し期間をおいて申し込んでみるといいでしょう。
申し込みブラックは、金融事故を起こしたという訳ではないので、借金の踏み倒しなどと比べればまだかわいいものという風にも考えられますが、自分が気づかぬうちにブラックになっていることがあるので、その点は怖いところです。
申し込みブラックの場合、データが残っている期間も長くはないので、他のブラックに比べればあまり焦ることもないでしょうが、少しの間はブラックになっているということなので、注意が必要です。
その間にどうしてもお金を借りたいというときには、ブラック融資可能なカードローンの情報を探していくといいでしょう。
とくに急がないというときには、無理してブラックOKのカードローンに申し込む必要はありません。

Copyright (C) 2013 カードローンブラックについて All Rights Reserved.

このページの先頭へ